Skip to main content

Minister Heydon announces improved access for Irish beef exports to Japan

(英語の後に日本語がございます)

Department of Agriculture, Food and the Marine Press Release 12 March 2021

The Minister of State with responsibility for new market development, Martin Heydon T.D., today announced that agreement has been reached with the Japanese authorities on the export of Irish minced meat and meat preparations. 

Following the conclusion of negotiations between his officials and their counterparts in the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries and the Ministry of Health, Labour and Welfare, Minister Heydon said that, "I am pleased to announce that we have successfully modified the terms of the export health certificate for beef to allow for the export of minced meat and beef burgers to Japan.”

This expansion of beef access follows on from the removal of the age restriction on beef exports secured in May 2019 when beef from cattle of all ages became eligible for export to Japan. 

Speaking about the latest developments the Minister stated, "This good news for Irish beef exports reflects the cordial and productive relationships that have been developed  with official and trade contacts since the appointment of an agricultural attaché in the Irish Embassy in Tokyo in 2019 and the placement of a Bord Bia Market specialist in Japan.”

Irish agri-food exports to Japan were worth more than €147 million in 2020, an increase of €14.6 million or 11% since 2019. The European trade agreement with Japan, which entered into force in 1 February 2019 as the largest open trade zone in the world, provides an excellent opportunity to expand food and drink trade with Japan.

Irish beef exports to Japan increased from 2,323, tonnes in 2019 to 4,120 tonnes in 2020, growing in value from €9.5 million to €15.7 million in the same period. The majority of this was in the form of bovine tongues, a delicacy in Japan, and other beef offal. The agreement of access for Irish minced meat and burgers to Japan should help Ireland increase sales due to the ease of shipping those products by sea and the Ireland’s reputation as supplier of beef burgers in the foodservice channel.

Concluding Minister Heydon noted that, “Enhancing access to existing markets is as important as opening new markets in maximising the potential of Irish beef exports for the benefit of all stakeholders in the sector.”

A trader notice advising industry of the new arrangements is expected to issue soon and the DAFM market access web portal will be updated also: www.marketaccess.agriculture.gov.ie

Notes to the Editor: 

Irish beef exports to Japan increased from 2,323, tonnes in 2019 to 4,120 tonnes in 2020, growing in value from €9.5 million to €15.7 million in the same period. (Source: CSO Trade statistics).

Overall Irish agri-food exports to Japan were worth more than €147 million in 2020. Dairy products at €63.4 million or 18,451 tonnes and pigmeat at €43.5 million or 11,937 tonnes comprised the largest categories by value and volume. (Source: CSO Trade statistics).

ENDS

 

アイルランド農業・食糧・海洋省プレスリリース 2021年3月12日

ヘイドン研究開発・農場安全・新市場開発担当大臣、アイルランド産牛肉の日本への輸出アクセス改善を発表

新市場開発を担当するマーティン・ヘイドン大臣は、本日、アイルランド産の牛挽肉およびミートプレパレーションの輸出について、日本の当局と合意に達したことを発表しました。

ヘイドン大臣は、「農林水産省および厚生労働省の担当者との交渉の結果、牛肉の輸出衛生証明書の条件を変更し、牛挽肉およびビーフバーガーの日本への輸出が可能になったことをお知らせします」と述べました。
今回の牛肉アクセス拡大は、2019年5月に確保された牛肉輸出の月齢制限の廃止に続くもので、すべての月齢の牛からの牛肉が日本への輸出対象となりました。
今回の進展について大臣は、「アイルランドの牛肉輸出に関するこの朗報は、駐日アイルランド大使館へDAFM(農業・食糧・海洋省)から農務担当の参事官を2019年に任命し、また、Bord Bia(アイルランド政府食糧庁)が東京オフィスをオープンして以来、政府関係者や貿易関係者との間で築かれてきた友好的かつ生産的な関係を反映したもの」と述べています。

アイルランドの対日農業食品輸出額は、2020年に1億4700万ユーロ以上となり、2019年から1460万ユーロ、11%の増加となりました。2019年2月1日に世界最大の開放的な貿易圏として発効した日EU経済連携協定(EPA)は、日本との食品・飲料貿易を拡大する絶好の機会になります。
アイルランドの対日牛肉輸出は、2019年の2,323トンから2020年には4,120トンに増加し、金額も950万ユーロから1,570万ユーロに増加しました。その大半は、日本で珍重されている牛タンおよび牛の内臓でした。今回、アイルランド産の牛挽肉およびビーフバーガーの日本への受け入れが合意されたことで、これらの製品の海上輸送が容易になることや、外食産業においてビーフバーガーの供給国としてアイルランドが高い評価を得ていることから、売上拡大につながるものと期待されます。

最後にヘイドン大臣は、「既存市場へのアクセスを強化することは、この分野すべての関係者の利益のために、そして、アイルランドの牛肉輸出の可能性を最大限に引き出すために、新規市場の開拓と同様に重要である」と述べました。
この新しい取り決めがまもなく通知され、DAFM(農業・食糧・海洋省)の市場アクセスポータルサイトにも更新される予定です。
www.marketaccess.agriculture.gov.ie
以上

補足
• アイルランド産牛肉の日本への輸出は、2019年の2,323トンから2020年には4,120トンに増加し、金額も同時期に950万ユーロから1,570万ユーロに増加しています。
• アイルランドの農業食品全体の対日輸出額は、2020年には1億4700万ユーロを超えました。
• 乳製品が6,340万ユーロ(18,451トン)、豚肉が4,350万ユーロ(11,937トン)で、金額・数量ともに最大のカテゴリーを構成しています。
出典:CSO Trade statistics

 

 

 

« Previous Item |